わたしたち くまもと温石病院では、ご高齢のみなさんの「食べる楽しみ」を守るために、様々な取り組みを行っています

食べる楽しみ
みなさんの食べる楽しみを守るために
  • なぜ高齢になると飲み込みが悪くなるの?
  • 加齢に伴い、唾液の減少、舌や喉の運動低下、義歯が合わないことなどでの噛む力の低下など、様々な要因により嚥下機能が低下し誤嚥のリスクが増加します
  • 誤嚥を疑う症状は?
  • 食事中によくむせる、食欲が落ちる、食後や夜間に熱が出る、声がガラガラする、よだれやこぼれが多い、痰が増えるなどがあります
  • 誤嚥を調べる検査はあるの?
  • 当院では誤嚥のリスク評価と食事環境や食形態の安全性を高めるため、「嚥下造影検査」を行っています

嚥下造影検査

  1. 胃の透視で飲む「バリウム」を食事に少量混ぜ食べていただきます
  2. その様子を横からレントゲンを用いて観察し、専門スタッフが咀嚼・嚥下・誤嚥の評価を行います
  3. 誤嚥を予防するための食事環境、食形態を検討し、その後リハビリに反映します
  • 飲み込みのリハビリってどうするの?
  • 言語聴覚士を中心として、主治医、看護師、歯科医、歯科衛生士、リハスタッフがチームを作り、「摂食嚥下リハビリ」を行います

摂食嚥下リハ

  1. 食形態の調整:硬さ、大きさ、とろみなど
  2. 環境調整:食事姿勢の角度など
  3. お一人お一人の状態にあった食べ方の工夫
  4. 嚥下体操:誤嚥を予防するための食前の準備運動
  5. 間接訓練:口や舌の運動を行い機能を改善
  6. 直接訓練:実際に飲食を行いながら機能改善
  7. 口腔ケア:歯科衛生士がご本人やご家族へ方法をお伝えします
摂食嚥下リハ
言語聴覚士を中心として、主治医、看護師、歯科医、歯科衛生士、リハスタッフがチームを作り、「摂食嚥下リハビリ」を行います