内視鏡検査

胃カメラ
カメラで直接、胃や食道を観察することができる為、胃潰瘍や胃がん、食道がんの早期発見に不可欠です。

超音波検査

腹部エコー
お腹にエコー(超音波)をあて、肝臓、胆のう、腎臓、膵臓、膀胱、前立腺などの臓器を検査します。
心エコー
心臓の形や動き、血液の流れを検査します。
頸部エコー
首の動脈を観察して、動脈硬化や血管が狭くなってないかなどを調べます。
下肢エコー
足の血管に血栓ができてないかを調べます。

心電図

手首、足首、胸に機械を付けて、心臓の異常(不整脈・心肥大・心筋梗塞など)を調べます。

運動負荷心電図
運動後に心電図を記録する検査です。通常の心電図検査では判らない狭心症の早期発見に有用です。
24時間(1日)心電図
24時間の心臓を記録し、心臓の機能を検査します。不整脈や動悸などがある方は必須の検査です。

肺機能検査

肺の機能を検査できます。タバコを吸われる方、息切れ、咳や痰が続くといった症状の方にお勧めです。

筋電図

手足に弱い電流をあてて、末梢神経の障害の有無を調べます。

脳波

頭・耳・手に機械を付けて脳の信号を記録し脳の活動状況や光・深呼吸に対する脳の反応を調べます。てんかんの疑いや意識障害・行動異常などがある場合に検査します。

睡眠時無呼吸症候群スクリーニング検査

睡眠中の呼吸の状態、血液中の酸度濃度などを測定し、睡眠時の無呼吸の有無を検査します。
大きないびきをかく、日中いつも眠い、夜中に何度も目が覚める、起床時の頭痛やだるさ等の症状がある方におすすめです。

骨粗鬆症の検査

手のレントゲンを撮影し、骨量を測ります。閉経後の女性、喫煙、飲酒、運動不足の方にお勧めです。