私たちは 理学療法・作業療法・言語聴覚療法の総合リハビリ施設として、地域に根ざす、リハビリを実施いたします。

  • 介護予防から身体機能や能力の改善まで一貫したアプローチを実施します。
  • その人らしい生活を支援し、入院から在宅までをお手伝いします。
  • 介護予防に関わり社会貢献できるようにします。
リハビリテーション
一人ひとりの心と体に合わせ、高齢者の日常生活を支援します。

入院中リハビリテーション

身体機能や能力の改善、介護予防など医療チームと介護チームと連携し、個人に合ったリハビリを行います。また、退院前に自宅を訪問して住宅改修や環境調整をサポートし、自宅療養につながるリハビリも行っています。

外来リハビリテーション

器具を使用して(パワーリハビリ)運動や自宅での運動指導、生活場面での助言等を行っています。
リハビリ実施までの流れ:外来受診 → リハビリ診断 → リハビリ開始

地域支援事業(いきいきサロン)

地域の公民館などに出向き、健康維持増進と生きがいを持ってもらうための活動に参加しています。

地域密着リハビリテーションセンター

健康寿命を延ばすため、老年症候群を予防する目的で、町より委託を受け、総合事業対象者向けの通所型サービスA(短時間コース)や専門職が介護予防サポーター養成講座に携わっています。地域ケア会議にも専門職が参加しています。

リハビリテーション施設基準の届出について

  • 脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅰ)
  • 廃用症候群リハビリテーション(Ⅰ)
  • 運動器リハビリテーション(Ⅰ)
  • 呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)
  • 摂食機能療法

スタッフ紹介

理学療法士 12名
作業療法士 5名
言語聴覚士 3名

平成30年6月現在

理学療法士
運動療法や物理療法にて身体機能や能力(寝返りや起き上がりなどの基本動作や移動)の改善や元の生活が送れるように関わります。
作業療法士
心と身体のリハビリを行い、その方に必要な動作に対して訓練を行い、その方にあった生活が送れるように関わります。
言語聴覚士
言葉の発声や理解力の訓練や、飲み込みの訓練を行います。(VF検査で評価を行うなどいたします。)